公益財団法人金子国際文化交流財団、アジア、奨学金、

公益財団法人 金子国際文化交流財団

理事長挨拶

理事長青木茂雄

 少子高齢化に直面している我が国が未来永劫に存続するためには、諸外国との友好関係を維持しなければなりません。公益財団法人 金子国際文化交流財団は奨学金給付事業を通じて民間の立場から諸外国との友好関係の維持向上に貢献することを目的としています。この目的を実現するために、アジア諸国から来日して大学・大学院で学ぶ留学生に奨学金を支給するとともに、カンボジアの大学で学ぶカンボジア人学生に奨学金を支給する事業を行っております。この事業を通じて日本を深く理解し、日本に好意的なアジア人がひとりでも増えれば将来の日本に大きく裨益するものと考えられます。
 当財団は、国際文化交流推進のために、故金子泰蔵先生(東京国際大学創設者)が私財を投げ打って昭和59年に文部省(現・文部科学省)の許可を得て設立したものです。国際文化交流の推進には、留学生の受入れ、国際理解の促進、背景文化の研究・理解等様々なアプローチがありますが、当財団は設立以来35年間一貫して奨学金給付事業を行っております。奨学金の支給対象をアジアの学生に限定しているのは、発展途上にあるアジアで次代を担う若者の教育水準を高めることが、アジアの発展ひいては平和な人間社会の形成に役立つと考えられるからです。
 創設者の理念を確実なものにするために、平成24年に内閣府から公益財団法人の認可を受け、小規模ながらも社会的に開かれた財団として確実な事業活動を行っております。
 当財団は将来においては奨学金の支給対象などを拡げて社会への貢献度を高めていきたいと考えております。そのためには財団の基金を増やす必要があります。どうか皆様の貴重な資金を財団に寄付して下さい。其の寄付は奨学金を通じて日本の将来の発展に貢献いたします。財団へのご支援をよろしくお願いします。


 
トップへ戻る