公益財団法人金子国際文化交流財団、アジア、奨学金、

奨学生の研究内容の紹介

ジョン ヒチョルさんの研究内容の紹介  2019.8月

ジョン ヒチョルさん写真

ふだん何気なく使っている日本語の奥深さを再認識させてくれて、興味深かったです。みなさんはどのような感想を持たれるでしょうか?(事務局 奥沢文子)

二字漢語動名詞の四字漢語の形成
  ―  構成位置の観点から ―

平成27年度(2015年度)奨学生 

東北大学大学院文学研究科博士後期課程

  鄭熙轍(ジョン ヒチョル)さん

現代日本語において二字漢語は、主に「二字+二字」の形で結合して四字漢語を形成する。中には、「研究(研究が好きだ・日本語を研究する)」等のように、名詞と動詞の二つの品詞を併せ持つ「漢語動名詞」と呼ばれるものがある。
 これらは、四字漢語の構成位置から、
  @前項と後項のどちらにも位置するもの(移動「移動空間・空間移動」など)
  A前項にのみ位置するもの(信用「信用毀損」、食事「食事制限」など)
  B後項にのみ位置するもの(発揮「本領発揮」、放棄「任務放棄」)
  Cどちらにも位置しないもの(邪魔、失礼など)
の四つに分類することができる。
 本発表は、現代日本語において@からCに所属する二字漢語動名詞を整理し、その特徴を概観することで、四字漢語の形成において二字漢語動名詞の有する語形成能力について究明する手掛かりを探ることが目的である。

 


トップへ戻る